« いい出世、わるい出世 | トップページ | 人の笑顔を見ると »

2007年11月 3日 (土)

人に優しく他(後期高齢者~喜寿)

今年から保険制度的の後期高齢者グループに
入れられた。

人に優しく

 ・人に優しく、思いやりを持つことで
        自分は幸せであると思え。

 ・目をつぶると友人と一緒にいる 
      目を開けると一人でいる

  真の友人が二人をつなげている

  この頃このような夢をよく見る。
        歳のせいかもしれない

美しい心の友と接すると自分の心も美しくなる
 

■人の役に立てればと言う人は多くいるが
  人の為に役にたたなければと言う人は少ない

  真のボランティア仲間と一緒にいると自分の心が
  洗われる思いがする。

人間は、感動を覚える回数の多いほど
                   幸せである

■子供は、親に正直に生きろと言っている

■不正義には、怒る

 貧しい心で弱者に接しているボランティア
          リーダを見て憂うつだった。

 
 ・不正義には、怒る心を持つ
 ・人間は、一人で生きているのではない
 ・真の幸せを追求する
 ・自分の幸せと他人の幸せを同じに考える
 ・妬む心は自分の心が貧しいからだ
 ・つけるクスリがないと思うリーダにだまって
          いるのは無責任な生き方だ

■今日もこんな素晴らしい人に会った
               一日が楽しかった

■部下の教育
 
 ほめてから叱る、
 叱ってからほめる

 貴方はどちらか? 私は、後者を選ぶ

  送別会で総務省に転出した後輩に送った言葉。

会社の人間関係

  胡麻をすって喜ぶ上司には、

                            真の評価はない。

  胡麻をすっても喜ばない上司には、

                            真の評価がある。

   最近の企業人を見て思う。

友人に助けられている(喜寿を迎えて)

  自分は、つねに友人に助けられている

          ありがたいことだと思う

  このことは、何時も心に刻んで忘れない。

                  ようにしよう

      2009.11.3(77歳の誕生日)

         2007.11~2009.11

 

« いい出世、わるい出世 | トップページ | 人の笑顔を見ると »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人に優しく他(後期高齢者~喜寿):

« いい出世、わるい出世 | トップページ | 人の笑顔を見ると »