« 和顔施(瀬戸内寂聴さんと日野原重明さんの対談集より) | トップページ | 平和記念式典に思う、75歳以上の人は日本にとって財産 »

2010年7月30日 (金)

今の親は子供に教わる

私は「今の親はこどもに教わる」と常に言っています。

私達は、子どもの教育は家庭が最も重要だと教えられてき
ましたが、今は親による子どもの虐待、また反対に昔と比べ
てこどもを甘やかし、子どもの家庭教育を放棄している親が
多くいるのではないでしょうか?

今日は「今の親はこどもに教わる」と常に言っているのと反
対に「こどもは親に教わる」と思えるような中学生に会いま
した。
これはこの生徒さん達の親の家庭教育またこの生徒さん達
が学ぶ学校の校長先生、教職員の方々など教育環境がこ
のような生徒さんを生み出しているのだと思いました。
本当にこどもの教育が大事で大切さを毎日痛感しています。
朝の電車の中の事です。

私が電車に乗ると車内は割合空いていましたが、座席は
ほぼいっぱいでした。
そんな時この学校の生徒さんがすぐに席を立って席をどうぞ
と言って私に席を譲ろうと席を立ちました。
私は、大丈夫ですと言って、その生徒さんに戻るよう勧めま
したがその生徒さんはなかなか席に戻りませんでした。
さらに戻るよう勧めるとその生徒さんは恥ずかしそうな顔を
して「すいません」と言ってやっと席に戻りました。

私に席を譲ろうとしたのに何故
「すいません」と言うのか?
私は一時戸惑いました。これが
「子どもは親に教わる」
原点だと思います。
眼は心の窓と言い、本当に素晴らしい眼をしていました。

私は感心するとともに、その生徒さん達に感謝しながら千
葉駅まで本当に気持ちの良い時間を過ごすことができま
した。

早速、制服でその学校が判りましたのでホームページで
アドレスを確認し、生徒さん達に感謝とお礼のメールを送
りました。

今日は私にとって、すべてが充実した一日になりました。

千葉県木更津市立太田中学校の皆さん
ありがとう!

« 和顔施(瀬戸内寂聴さんと日野原重明さんの対談集より) | トップページ | 平和記念式典に思う、75歳以上の人は日本にとって財産 »

コメント

ブログ拝読いたしました。
ありがとうございます。

また、ご丁寧なご返信、ありがとうございました。
重ねて御礼申し上げます。

    木更津市立太田中学校長
           廣部 昌弘

投稿: 廣部昌弘 | 2010年8月15日 (日) 10時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159065/49103388

この記事へのトラックバック一覧です: 今の親は子供に教わる:

« 和顔施(瀬戸内寂聴さんと日野原重明さんの対談集より) | トップページ | 平和記念式典に思う、75歳以上の人は日本にとって財産 »