« 私の誕生日(やっておかなければ後悔する) | トップページ | 一期一会(師友・心友は宝) »

2016年11月23日 (水)

父の祥月命日(仏の智慧を心の中に)

毎年、両親の祥月命日には弟夫婦と妻と4人で菩提寺にお墓参りをしており、今日はその父の38回忌の祥月命日で弟夫婦と妻と4人でお墓参りに行ってきました。

前にもふれましたが、両親は父母ともすでに三十三回忌を過ぎて忌も終り「弔いあげ」で仏様から神様の世界の仲間入りをしていると言われており、私たち家族の命のはじまりは父母の存在で、その父母からつねに私たちは生きる力を与えもらっており、今日はそうした先祖を敬う気持ちの中で、私も今月で84歳の誕生日を迎えての父の祥月命日です。

今年の誕生日の記事にも書きました「死ぬまでやっておかなければ後悔する」ことは何か?とお墓参りをすませた後、菩提寺境内の自然を散歩しながら、戦中、戦後の敗戦の悲劇の中で父母が私たち子どものことを考え、何を大切にして人生を歩んできたのか?そして常に語っていた「勇気をくれた父親の言葉」、「なぐさめてくれた母親の言葉」を思い出しながらお墓参りをすませ我が家へ帰ってきました。

また私は我が家へ帰ってから2年前82歳の誕生日に「今のままの生き方で本当に良いのか」とブログにも書かせてもらいましたが、東日本大震災に遭われた東北福島での市民フォーラムで稲盛和夫様が話された「人間は何のために生きるのか」とフィロソフィの中で人間が生きていくうえで大事な3つことと「真善美」というお話に私は感銘し「書」に書いたことを思い出し、現世はどうなってるか?現在、未来について仏の智恵を少しでも自分の心の中に多くいれて世相を取り巻く社会をよくしていかなければ誓った父の祥月命日でした。
Img021
   墓前での父との誓いを報告した(本堂)
 20161123

      あらためて両親の言葉を聞く
 Photo
            墓前で父に誓う
 Photo_2
             菩提寺の紅葉
 Photo_3
          心を癒す菩提寺の椿
 Photo_4
          私の今を思っての句

« 私の誕生日(やっておかなければ後悔する) | トップページ | 一期一会(師友・心友は宝) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159065/64694809

この記事へのトラックバック一覧です: 父の祥月命日(仏の智慧を心の中に):

« 私の誕生日(やっておかなければ後悔する) | トップページ | 一期一会(師友・心友は宝) »