« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月31日 (土)

ゆく年くる年

2016年も残すところ、あと数時間となりました。
皆さんにとって、ゆく年
は、どの様な年でしたでしょうか?
2016年は年初めに
私の妻が絵手紙の先生からこのようなカレンダーを頂きました。
私は反省しつつも、そのようにつとめましたが,世相ではどうしそんな事がと思うことが非常に多い年でした。

くる年は「酉年」で酉の徳とも言われます。是非みなさんと共に幸せな年になりますように祈願しましょう。
   
Photo_2
 Photo_3
 Photo_4
 Photo_5
 Photo_6
 6
 Photo_7
 Photo_8
 Photo_9
 10
 11
 Photo_10
暗いニュースは心が痛みます。皆さんと嬉しいニュースを見られるように頑張りましょう! 

~2017年も私の夢と希望の記事を書きます。ぜひ見てください。~

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 9日 (金)

一期一会(師友・心友は宝)

私が今あるのは一期一会です。

茶道「一期一会」という出会いに感謝する言葉がありますが、私はこの言葉から人間として人生においての出会いの大切を心を「座右の銘とし、書家に書いていただいて床の間の掛け軸として、つねに多くの師友・心友は宝であると感謝しています。
今日はその「宝」の師友・心友I様ご夫妻が福島からお見えになり、OBのK様と4人でお会いし一期一会の感謝の一日を過ごさせて頂きました。

出会いには新しい出会いも古くからある出会いも自分にとっては皆一期一会であり、I様ご夫妻とOB(K様)と私たち二人は「東北の歴史と東関東大震災の風評被害を体感」をしようと会津若松を訪れ、縁あって会津若松でボランティア・地域活動をなさっている飯田様ご夫妻の心温まるお言葉に甘えての旅に行ってきました。(縁を感じる出会い 2012.3.29
この一期一会が私たちの宝となって、その後も何度かお会いし、私は「生きてて良かった」と思う「感動する心」「感謝する心」をI様ご夫妻・K様から学んでいます。
多くの師友・心友と語りし、我が人生に心友の宝あり~

Img022_2
   福島県出身の日本の細菌学者
       野口英世の像
  師友と共に(上野国立博物館脇)

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »