« 仁の徳(人を思いやる心) | トップページ | 論語の深意(その心と現代の世相) »

2017年1月27日 (金)

「“ありがとう言葉”と心の健康」

私は多くの師友・心友と現世の課題について杯を交わしながら懇談・学習をしていますが、今日は前にも触れましたが「人生を後悔しないためには」について師友・心友(K様)と「心の健康」についての学習会でした。
私は今年の元旦から日記手帳を作り、自分が思い描く理想の社会と向き合うため、日々の出来事で気づいたこと、思ったことなどを書き留めるようにしました。
今年も元旦のブログの中で「明日を考えず、今日でもなく」自分に”今できること”からはじめよう!と誓を書きましたが、今日書かせていただいた記事も私が日記手帳の中から「何のため生きるのか」と問われたときのことを自戒の念を込めて、
人間は「ありがとう、お陰さまの心」が大切で「心の健康が心友(宝)をつくることだと未来に夢を持った若い人にメッセージとして伝えなければと思ってこの記事を書きました。
自宅でも夕食時によく妻とこんな会話をします。
なぜ、このような時にどうして「ありがとう」という大切な言葉が出ないのか?心が豊でないと本当の人間の幸せは見えないのに、もう死語になってしまったのか?なあ~(“ありがとう”言葉からの幸せに気づかない)など現世は感謝と思いやりの「心の健康の大切さ」の心が薄れてきているのかと思うと悲しくなることがあります。
常に自分の心に留めておいて、戒めや励ましとする「座右の銘」を持ちましょう!(信念・哲学のある座右の銘の書を愛読しましょう)

今日はそんな私の悲しくなる想いを忘れさせ、勇気を頂いた師友・心友との学習会で、K様からは毎日どのような心で暮らし、どのような心で人に接しなければならないかと素晴らしいお話を伺いました。
子どもさんは賢人の言葉「親の背中を見て育つ」にあるように大人から「人としての道」を教えられて育ち、その子供さんがまた後からくる子どもさんにそのことを伝えるという子どもさんの教育が今の大人に課せられた義務であるとK様のそのことを行動としておられる一例が(街中の道路でお母さんにすねて寝ていた子どもさんにK様が声をかけながら起こして上げた時の子どもさんの“ごめんなさい、ありがとうの顔”)
様の自身の日々の「ありがとう・お陰さま」など私はそのK様の声かけ姿を思い浮かべ、この“ありがとう言葉”が「心の健康」だと感銘しました。

~“ありがとう”で自分の心にも相手の心にも温かい気持ちが生まれますね~

私も元旦から日記手帳に書き留めてあったOB・近隣の師友(心友)の温かい言葉を学習課題としてご紹介しました。
■私の紹介したOB・近隣の師友の言葉
言葉はその一言で《愛にもなる》、《刀にもなる》《勇気もでる》、《夢を持つことができる》
●「健常者の目線でしか価値観を考えなかった自分が恥ずかしい・パラオリンピック」

●「人間として大切なこと」正義
●永遠の友の一言(菩提寺が一緒であり永遠にある)

最後になりましたが、わが家に帰っての妻一言“今日は嬉しいことが沢山あったの!”でした。
心友は宝」です。
追記
私は日常生活の中で自身の生き方を見つめ、心を少しでも磨こうと禅寺の参拝、「書」、「写経・写仏」などから何かに気づき、また心を和らげるために「写真俳句」、「ガーデニング」など自然にふれるようにしていますが、2017年もまもなく新しい年の始まりである立春を迎えようとしており、元旦に誓ったその思がメッセージとして若い人に伝わるのではないかと思いの書・写真・俳句など掲載しました。

■私の今日の一日

 Photo
月2回訪れる禅寺の本堂,
今日も何かに気づく参拝

 
Photo_2
      禅
寺の掲示板のこの一言
《若い人に伝えたい五葉の心の言葉》
花は花びらが開いてこそ、次の世代にすべてが継承され、実がなるという
花の5枚の花びらにはそれぞれ意味があるという禅語です。
 ・相手の心をありのまま受け入れる智慧
 ・すべて平等に受け入れる智慧
 ・人の心をすべて受け入れる智慧
 ・温かい心で人を視る智慧
 ・人を想い、人のために行動する智慧

 Photo_4
    今日一日を思っての写仏
聖徳太子といえば、誰でも知っていると思いますが、歴史の中での聖徳太子を知らない若い人も多いのでは?飛鳥時代の政治家であり、仏教を広めることにも力を注いでくださった人です。
私の写仏の中で現世を想い聖徳太子を写仏しました。
歴史の中での聖徳太子を学習してください。

■若い人に伝えたい私の想い

《心の健康》


Photo

先のブログ(人を思いやる心 2017.1.6)の中で載せました「仁」と今日お会いした師友・心友(K様)との学習した「心に健康」から論語の「己に克ちて、礼に複るを仁と為す」の四字熟語を書きました。
この言葉は自分の良心、理性に従って様々な欲や私心、煩悩を省き、それによって身体全体の調和(心の健康)複る。(心を磨く)

《師友・心友は宝》

 Img026
      庭の梅の木を観ての句。
これから
師友・心友にお会いする私に感謝しろと見送ってくれている梅の花。

《夢を持とう》

 
Photo
子どもの時の夢は大切です。私も持っています。若い皆さんも持ちましょう!

《私の好きな相田みつをの詩》

 Dscn5878
 若い人も「自分の夢の花」を咲かせましょう!

Photo_2
       私の想い・願い


« 仁の徳(人を思いやる心) | トップページ | 論語の深意(その心と現代の世相) »

コメント

 新年のブログ拝読させていただきました
 
 家族19名の絆は素敵でのね、
   日本人の心でしょうか!
 人生は生きている限り学び続ける……
   感銘を受けました。
      
             やまちゃん

投稿: | 2017年2月15日 (水) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159065/64842695

この記事へのトラックバック一覧です: 「“ありがとう言葉”と心の健康」:

« 仁の徳(人を思いやる心) | トップページ | 論語の深意(その心と現代の世相) »