« 春彼岸(四無量心:慈・悲・喜・捨の心得) | トップページ | 人間らしく(師友・心友がブログ開設) »

2017年4月 8日 (土)

花まつり(灌仏会・暮らしを彩る年中行事)

私は毎年、お釈迦様の誕生を祝う花まつりには家族で菩提寺を訪れ、お釈迦さまの誕生をお祝いしています。

今年も菩提寺では4月2日から8日(お釈迦様の誕生日)までが花まつりで、2日は弟と二人で、8日は家族でお釈迦さまの誕生のお祝いとお墓参りをしました。

私たちは本堂前の花御堂に置かれた「誕生仏」に柄杓で甘茶を注ぎ、お釈迦さまの誕生をお祝いさせていただき、お祝いすることで、自分自身が生まれてきたことへ感謝することが、花まつりを迎える大切な心ではないかと思いました。

その後、私と弟は菩提寺の花まつりと併催の客殿に展示されている住職さんご夫妻をはじめ近隣の方の書道、絵画、陶芸など数多く出展されている作品を一つひとつ今年も出展されている方の想い(願い)を思い浮かべながら作品を拝見させていただき、私は自分の現世での課題は何か?を考えながらも喜びも感じる花まつりでした。

そして作品を拝見させていただいた後、作品を出展されている方、見学に来られていた皆さんと住職さんご夫妻を囲んでの記念写真を写していただきました。

私は住職さんのお話を聞くたびに自分の心を磨くための智慧をいただいていますが、お顔を拝めるだけでも元気を頂いています。今日も一日幸せでした。

追記

このたびの東日本大震災に遭われ、ご主人を亡くされ、隣の市町村に一時移り住んでおられる方が住職さんの奥様の案内で本堂におられ、私はお会いすることができ、東日本大震災に遭われた当時のお話を少しお聞きすることができました。

お寺さんに避難したのですが、海水が天井まで1メートル足らずのところまで、そこに浮いた畳に上で海水が引くのを待っていたとか故郷の復興具合を見たいと今年も訪れようと思っていますが、その美しい村から何かが奪われて「知らない街になっているのではないか?」などまだまだ多くの被害を受けた皆さん、親族を亡くされた方々もおり大変な思いをなさっておられる、そのお話を胸をつまらせながらお聞きしました。

あれから6年私たちは絶対に忘れてはいけない東日本大震災です。

今日お会いした方は昨年の花まつりで菩提寺の書画展に見学に来られて、そこで住職さんの書かれた「生きる」という書から住職さんとの文通がはじまり、今年も花まつりに来られたとのことでした。
『今年の花まつりに想う』
■「誕生仏」に甘茶を注ぎながら現世を想う

私は菩提寺の住職さんから頂いた書籍・法話また坂東三十三観音霊場巡りで多くの先達さんからお聞きしていた言葉を思い出し、我が家に帰って妻と現世を語る中で、次のお釈迦が生まれたときに発したと言われている釈迦名言集の中にある次の言葉を思い出しました。
「わたしは愚かである」と認めている者こそ賢者である。反対に「自分は賢者である」と思っている者こそ愚者と呼ぶにふさわしい。
※私の学習の中の名言集にもこんな言葉があります。
学べば学ぶほど自分何も知らなかったこと気づく 気づけば気づくほどまた学びたくなる (アインシュタイン)

  Photo

              花御堂に置かれた「誕生仏」
右手は天を指さし,左手は地をさしていいます


 
Photo_2
                    本堂前
       お釈迦さまの誕生祝いの参拝者
 
Photo_3
               境内のしだれ桜
     お釈迦様と参拝者を祝していますね!

書・絵画・陶芸展に想う
私は出展されている皆さんの一点一点に高い見識と心を磨く姿を思い浮かべて感銘しました。(私は写経をしていますが「書」は写経の心に通じるものがあるな~と思いました)

●住職さんの書

Photo_4

人生の目的の完成は心に中に「一念」と元旦に住職さんから頂いた書

 Dscn6070

       住職さんますますお元気!
2018年は白寿2019年は百寿を迎えられます。その
百寿に向かっての「位地について用意どん」のお気持ちを書かれたのだと思います。私も元気を頂きました。

●住職さんの奥様の書

Img028
        八大竜王
お釈迦さまが誕生したときに、天の八大竜王が甘露を降らせて祝ったという言い伝えられています。(本堂に展示されていて、大筆で書かれたのか?高さ3メートルもありました)

 
Photo
       ともに生きる
世界平和を願ってお書きになったのではと私は想いました。

●近隣の皆さんの作品
 
 
2
               扇面般若心経

般若心経から得られる功徳は私利私欲を捨てて初めて得られることを教えてくれる。

 Photo
                  祈 り
日々祈りを大切にしている方ではないでしょうか?

 Photo_2
                雪の詩

 Photo_3
              濃溝の滝
      千葉県君津市の話題の秘境

 
I
              陶芸作品
   土にふれ、ろくろを回し、自分の心を磨く

■今日の私の写仏

 
1
            釈迦如来像
住職さんからお聞きした多くのお話しを思い浮かべながらの
写仏















« 春彼岸(四無量心:慈・悲・喜・捨の心得) | トップページ | 人間らしく(師友・心友がブログ開設) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159065/65359953

この記事へのトラックバック一覧です: 花まつり(灌仏会・暮らしを彩る年中行事):

« 春彼岸(四無量心:慈・悲・喜・捨の心得) | トップページ | 人間らしく(師友・心友がブログ開設) »