« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月 6日 (火)

安房国三十四観音霊場めぐり(第二十二番・第二十三番・第二十四番)

私はちょっとしたきっかけで、「仏心に触れ、己と向き合う心の旅」になればと坂東三十三観音霊場巡りをするようになり、そして2年ほどかかりましたが妻と共に満願させていただき、それぞれのお寺の縁起や史跡、伝説などを尋ねてお参りしているだけでしたが観音霊場巡りを重ねるごとに自分の人生は、自分自身で歩むものであり、生きるという心の変革に自ずと少し気づくことができたように思います。

私はこうした霊場巡りで仏心に触れ、仏さまの教えから己と向き合う心が如何に大切であるかを学び、そしてこうした心の思いを更なる自分の拠り所となる灯火として続けようと安房国三十四観音霊場巡りを始めましたが、昨年は妻の入院などがあって2ヶ寺だけ、今年はと思っていますが、私も年老いて娘の協力なくしてはできなくなりました。

今日はこうした中、娘が私と妻の心の願いが少しでもかなえればと道場山護穀寺勧修院(第二十二番)、金剛山宝珠院、(第二十三番)、平尾山、長谷山延命寺(第二十四番)の観音霊場巡りができ、これで15ヶ寺の観音霊場巡りが終わりました。今年は何ヶ寺を参拝できるかな?娘にお願いしよう。(結願は無理かな?)

■安房国三十四観音霊場第二十二番寺 道場山護穀寺勧修院 真言宗智山派
観音堂には行基菩薩の作と伝えられる本尊の千手観音菩薩像、弘法・興教両大師坐像、不動明王立像などが安置されています。

●本尊:千手観世音菩薩
●御詠歌

 朝日さす 夕日かがやく この堂へ まいる人こそ 仏なるらん
22
      観音堂(本堂)
●ご朱印

22_2

■安房国三十四観音霊場第二十三番寺 金剛山宝珠院 真言宗智山派

創建は応永7年(1400年)、僧・宥伝(ゆうでん)の父が深く仏教に帰依して、私財を投じて寺院を建立。宥海僧都を招いて、実乗院と称したのが始まりと伝えられています。
その後、宥伝が本尊に供える水を井戸から汲もうしたところ、水面に「宝珠」の文字が浮かび出ました。かくて宥伝は実乗院を宝珠院と改めたといわれています。この閼伽井(あかい)という井戸は、現在も本堂の前にあります。

●本尊:十一面観世音菩薩

●御詠歌

あま寺へ 参るわがみも たのもしや はなのお寺を 見るにつけても
 
23
           観音堂
●ご朱印
 
Photo
■安房国三十四観音霊場第二十四番寺 平尾山長谷山延命寺 曹洞宗
永正17(1520)、戦国大名・里見実堯(さねたか)が吉州梵貞和尚を迎え、開基したという延命寺。以降、10代忠義までの後期里見氏の菩提寺となりました。
慶長年間には里見氏から217石あまりの寺領を与えられ、その後徳川家からも同様に保護されました。
500年の歴史を持ち、多くの雲水が修行をした禅寺で、安房曹洞宗の中心的なお寺といえます。

本尊:十一面観世音菩薩
御詠歌
平尾山 
のぼりて見れば うどの原 出世はここに 七夕の松
Photo_2
        観音堂
ご朱印
 24

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 3日 (土)

孫の結婚式(幸せいっぱい)

私は孫娘が二人、今日は下の孫娘の結婚式でした。

上の孫娘の時と同じように、何カ月も前から妻と共に楽しみにしていて、今日も早朝からそわそわしていて、家に居ると落ち着かないので早く家を出て結婚式場に1時間以上前に着きました。

挙式は教会式結婚式で私は孫娘が父親エスコートされて教会の入り口からバージンロードを通って祭壇に向う姿に妻は笑顔を見られましたが、感激のあまり涙も浮かべており、私は感無量で胸がつまりました。

また式での神父さんの言葉 愛を誓い、妻を想い、妻のみに添うことを、神聖なる婚姻の契約のもとに、誓いますか?----とそして教会の結婚式でよく歌われる有名な讃美歌・聖歌に私と妻は上の孫娘の結婚式の時と同じように孫の結婚式に出席することができたことへの感謝と幸せを強く感じました。

そして披露宴では席に着くと孫がお世話になっている参列者全員の席に「お礼と思い出の一言」が参列者席の名前の前に置いてあり、私と妻の前にも嬉しい一言があり、私たち夫婦は感動し嬉しい涙の披露宴スタートとなりました。

また結婚式・披露宴の最後に参列者してくださった皆さんへ感謝の気持ちを伝える「花婿の謝辞」が新郎自身の心の言葉で挨拶され、私はその新鮮な挨拶に感動を覚えました。神聖で厳かな本当に素晴らしい結婚式でした。“ありがとう、ありがとう”

追記(私の想い) 

妹思いの上の孫娘が新郎、新婦に一言(いちげん)の色紙を買い求めてきてくれており、私と妻はその色紙に次の言葉を書かせてもらいました。

また人生の遊行期に入った私にあと何回か素晴らしい思い出になる機会があるかな?と思いながらもう一人のひ孫と来年初のひ孫の『七五三の日』まで元気でと思っています。
■私の今日の一日
 
Dscn6372
私が孫に心の中で”おめでとう”と声をかけた一枚の写真(私も妻も幸せ)

■孫からの一言
 
1dscn6524
 2dscn6526
■私と妻のお祝いの一言
●私の一言
 
3dscn6575
     幸福な夫婦の徳 『詩経』から
    夫婦の仲がよく、家庭が穏やかに
●妻の一言

二人仲良く、いつまでも
心温かく いつまでも仲良く お暮らしくださいと私の一言と同じ思いです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »