« 2017年秋彼岸(「彼」の岸から自分を見る) | トップページ | 同窓会と私(心の健康と学習) »

2017年9月28日 (木)

人の心に灯をともす(薫習)

今日は上野東京国立博物館の仏師・運慶の特別仏像展、上野の森美術館での金沢翔子さんの書展の二つの展覧会に師友・心友(K様・Y様)と一緒に行きました。
 
私はここで運慶と金沢翔子さんのお二人の作品から「人の心に灯をともす」仏語に言う「熏習」(香が衣服に移っていつまでも残るようなその感動が心に残る)とはこのような心の状態を言うのかとの思いに強く感銘しました。(薫習とは自分の心を見つめ直す一時にもなりますね!)
 
この展示会に来られていた多くの皆さんも私と同じ思いで、それを感じておられたのではないでしょうか?
 
■東京国立博物館
 
平成館 特別展示室に運慶の仏像の多くが大集合して展示されて、私は仏像に仏様がまるで生きているようで、仏像に手を合わせるだけで幸せを感じ、心の中から感謝の念が湧き出てきました。

私は寺院で仏像を拝見する時は仏像のお顔をじっくり観るようにしていますが、今日は特別「目の優しさ」、「耳の大きさ」、「口元」などを拝見して、私たちにやすらぎを与えてくれました。
 
その仏像は館内での写真撮影禁止でしたので私は博物館で運慶写仏の教本を買い求め、我が家に帰って、その中から運慶が20歳代で初作ともいわれている大日如来座像の写仏をして心をまた癒しました。(人間は誰でも心の中に邪念があるのですね!私は写経・写仏で心を癒しています)
 
■上野の森美術館(ダウン症書家、金沢翔子さんの書展)
 
金沢翔子さんは1895年生まれ。5歳から書家母泰子さんに師事し書道を始め、20歳で初の個展を開いて以来、今まで280ヵ所以上で個展を開催しており、中には日本を代表する神社仏閣などへの奉納揮毫した門外不出の秘蔵作品も多数あるそうです。
 
今日はそうした書家、金沢翔子さんの書展を師友とこれまで4万人とも云われる多くの参観者と共に拝見し、あらためて「書は人なり」と昔から言い伝えられている言葉があるように書家金沢翔子さんの持つ人生の心が伝わってきました。(金沢翔子さんはお母さんと共にいつも「世のため、人のために」と人の喜びを我が喜びとしている愛・慈悲の心をお持ちなんですね)
 私は時折「書」を書きますが文字は人に意志を伝えるだけでなく、文字を書きながら自分の心の思考を深め、新たな自分の視点(心の静寂)を発見することができ、自分自身の生き方を教えてもらっています。
 最後になりましたが、書の文字が金沢翔子さんの心を語っていて、見ただけで想いが伝わり、私は人間は感動して暮らす心の大切さなど多くの”気づき”や人生のヒントを与えていただき、あらためて反省を含めて心の中で見つめ直すための作品をカメラに収めさせていただきました。
 〖今日の一日の想い〗
●東京国立博物館
師友・心友と共に心が癒されました。K様・Y様ありがとうございます。
Photo
    師友・心友と感謝の国立博物館前
 
Photo_2
癒された心で、我が家での大日如来座像の写仏
●上野の森美術館
両親が自分を戒める言葉として「良心に恥じない生き方をしなさい」がよく語っていたことを想い出しながら書展を参観し、今日一番心に強く感じた言葉を掲載しました
(現世、この言葉は死語になっているのではと思いませんか?)
森美術館前の「翔」の書
 
8
私はこの「翔」の書を拝見して両親の願い(希望を持って毎日を過ごす)の名前「翔子」の一字かなと思いました。
☆お母様、
翔子さんの仏性を想われる,10歳から20年以上書き続けた「般若心経」作品

 Photo_4
 10歳ぐらいの時に書いた「涙の般若心経」
 
Photo_5
 20歳ぐらいの時に書いた「希望の般若心経」
 
Photo_6
30歳を超えて多くの人に伝えたいと書いた「感謝の般若心経
※私は坂東三十三ヶ寺札霊場巡りで般若心経を各お寺で唱えるだけで何か「徳」が得られたような心になりました。
☆私の感銘した作品
 
Photo_7
天皇陛下の「心の優しさ」、「心の温かさ」を感じる短歌を金沢翔子さんが揮毫した歌碑の書(味の素スタジアムにあるそうです。私も一度見学に行きたいと思いました)
☆私の心の中の(ホコリ)を掃除してくれた作品

つねに世のため人のためと考えて行動している金沢翔子さんの書の今日拝見した一部です。
 
I
マザー・テレサの「隣人を愛してください」との言葉を思い出しました(クリスチャンの師友・心友(H様)がよく私に語っていた言葉から)、そして私はまた徳の政治を願いました。
Photo_8
お母様・翔子さんの「仁・義・礼・智・信」を強く感じました。
Photo
私は座禅して心の健康が保たれている時や内に秘めたる宝がある時は無」だと思いました。
Photo_2
多くの人の幸せを願って「そのために自分が何ができるか」を心に念じて書かれたのかな?
Photo_3
私は2015年元旦に菩提寺の住職さんから直筆の書「気をいただく」を頂きました。今日はその時の住職さんの法話「気:心は真っすぐ」を思い出しました。
 
Photo_4
感謝して暮らすことが「生きる」ことだと書家の心が伝わりました。
 
Photo_5
書家の「座右の銘」の一つではないかと思いました。
 
Photo_6
よく知られた仏教歌謡だそうですが、意味がわかりません。後で学習します。書家金沢翔子さんは素晴らしい。
 Photo_7
NHK大河ドラマ「平清盛」の題字だそうです。
「熏習」のように香が残った一日でした。お二人に感謝~

« 2017年秋彼岸(「彼」の岸から自分を見る) | トップページ | 同窓会と私(心の健康と学習) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159065/66010586

この記事へのトラックバック一覧です: 人の心に灯をともす(薫習):

« 2017年秋彼岸(「彼」の岸から自分を見る) | トップページ | 同窓会と私(心の健康と学習) »