« 心の疲労回復(俳句は心に元気を与えてくれる) | トップページ | 師友との忘年会(莫逆の友) »

2017年12月 1日 (金)

現世の課題に思う(小学生の読書感想文から)

前にも触れましたが、毎日のように心を暗くする信じ難い悲しいニュースが流れ、私は現世の社会はどうなっているのかと思うことが多くなっています。

私はこれも人間として為すべき、感動し感謝する心が非常に薄くなっているのが一因ではないか?と思います。(皆さんは?)

私はこうした日本の社会が抱えている課題について、師友・心友とも時折学習していますが、前にも触れさせてもらっている課題として今年の同窓会での中で「なぜ」こんなに児童虐待が起こるのか?「なぜ」こんなに毎年自殺者が多いのか?などについての学習をさせてもらいましが、これは単に子どもの教育問題だけでなく原点は現代社会の世相の中にもあるのではないかと私は思っています。

私はこうした思いの中このたび買求めた書籍、著者:日野原重明「十歳のきみへ 九十五歳のわたしから」出版社 冨士インターナショナル社の中に書かれている日野原重明先生の「講演を聞いて・書籍を読んで小学生の感想文から真の課題として「私たち大人に何かを語りかけている」のではないか?と皆さんと一緒にその原点を見つけたいとの思いで、小学生の素晴らしい胸を打つ感想文の一部を紹介させていただきました。

※日野原重明先生は2005年に文化勲章を受章されましたが、105歳で亡くなられ、この書籍は重明先生が九十五歳で書かれた本ですが103歳でも「十歳のきみへ 103歳のわたしから」と今まで言いきれなかったことを書かれた書籍もあります。
『小学生の感想文』

・私は四年生になってからは、生きるということについて考えるようになりました。

・父や母と夜、おしゃべりするや弟に服を着せてやったり、お茶を飲ませてあげたりする時間は楽しく、いくらでも続いてほしいような気がします。(小学校四年生)

・残念なことは自分の命を無駄にしている人がいることです。その一方でもっと生きたいのに病気や事故で死んでしまう人もいる。正直言って今までの私は、命の事について真剣に考えた事はあまりなかった。

・毎日家族と一緒に元気に過ごせるのはとても素晴らしいことです。(小学校四年生)

・僕は仮死状態で生まれました。僕が泣かないので母は「私の命と引き換えにこの子を助けてください」と一心に祈ったそうです。(小学校五年生)
・他の人のために何かしてあとげた時に「ありがとう」と言われたり、喜んでもらったりするとうれしくなります。

・先生の本をお母さんが「とてもいいことが書いてあるからと、読んでごらん」と言ってプレゼントしてくれました。

・けんかは大きく言えば戦争と同じです。戦争が終わらないのは「許す」ということをしないからです。どちらかの国が戦争をやめようとすれば終わることになるのになあ、とおもいます。

・命があるということは「時間がある」ということです。自分のためだけでなく、人のために何かをしたいとおもいます。

・友達がなやんでいる時に相談に乗ったり、知らない人が困っていそうなときに訪ねて教えてあげたりする時間などつくりたいと思いました。(小学校四年生)

・私が生まれるずっと前に、日本でも戦争があり、「原爆」のことを知った時、とても悲しく心が痛くなりました。そして今も、世界のどこかで争い戦争が起きていて、その中には何年も何十年も続いている戦争もあるそうです。毎日あのような大切な命がうばわれていることを知り、悲しみしか生まれない戦争がどうしてなくならないのだろうと思います。

・世界中から、争いや戦争や悲しい出来事がなくなることを願って、世界中の人たちが家族や大切な人たちと、はなればなれになることなく、ずっと一緒にいられて幸せに過ごせる日がくることを信じます。(小学校四年生)

・毎日、塾へ行って、楽しくない時間もあるけれど学校で友達と遊ぶ楽しい時間もあります。何より私には、たくさのいい家族がいます。

・ひいおじいさんやひいおばあさんに会う時、できるだけ一緒にいて楽しくすごしたいと思います。(小学校四年生)

・僕はお金で買える楽しみなど、たかが知れていると思っています。努力してこそ得る事のできる事の喜びを手にしたい。その達成感こそが、「生きている」証しであり、その結果人に役に立てることが、生きている意味ではないだろか。(小学校五年生)

※私はこの小学生の感想文を読んで自問自答し、今の世相から「私たち大人に何かを語りかけて」いると思いました。子どもさんから大きな課題を投げかけられています。大人の皆さんも一緒に考えませんか

« 心の疲労回復(俳句は心に元気を与えてくれる) | トップページ | 師友との忘年会(莫逆の友) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159065/66255599

この記事へのトラックバック一覧です: 現世の課題に思う(小学生の読書感想文から):

« 心の疲労回復(俳句は心に元気を与えてくれる) | トップページ | 師友との忘年会(莫逆の友) »