« 高齢者親睦交流会(思いやりのある町づくり) | トップページ | 絆は幸せをつくる(家族の絆・心友との絆) »

2018年2月14日 (水)

花は誰のため咲く(無心で咲くから美しい)

今日は上野東照宮ぼたん苑の冬ぼたん鑑賞と禅寺での座禅に出かけました。

はじめにぼたん苑を訪れ、その華麗に咲き誇っている牡丹に魅入り、禅語の中にあるように「百花春至って誰が為にか開く」の心を思い出し、また苑内の奉納俳句板で冬ぼたんを鑑賞し、奉納した皆さんの句に詠まれたその想いなどをい浮かべて、今日は何かいつもと違った心の座禅を経験した一日でした。

『百花春至って誰が為にか開くの言葉から』

この言葉は「誰のために花は咲いているのか」と自分を自問するための禅語であり、この言葉は私たち人間も花が咲くように自然のまま「無心」に生きることが大切だと教えています。(人間は社会に役立つために生きなければならない)

ぼたん苑内の奉納俳句から』

私は奉納俳句から世界を、来世を、先祖を、家族を、友人をと人間として「今を生きる」を強く感じました。

昨年も 師友(K様)と上野東照宮ぼたん苑を訪れましたが、K様と外国の方との会話を聞いていて人間は社会や思想に関係なくその美さにうたれる心は皆さん同じだと感銘しました。今年も多くの外国の方が来ていましたが、その思いは皆さんも同じだと思いまいた。

『今日の座禅・禅寺の伝道掲示板から

私は本当の自分を求めるために座禅をし、その静寂の心で「無心」になって、心を豊かにしてもらっているのではないか思っていますが、今日は前述の禅語の「百花春至って誰が為にか開く」とまたぼたん苑内の奉納俳句そして禅寺の伝道掲示板の円相の言葉などから、これからも生きていく時間を利他の心の信念が守れるよう祈願しました。無心になることでのストレス解消効果もあると思います)

~今日は自分の生き方(死んでも魂は生きている)をまた再発見した一日~

『私の今日の一日から』
 
1img036
       上野東照宮ぼたん苑
 26

       私が何かを感じた牡丹(1)
 
3img036
       私が何かを感じた牡丹(2)
 
8img036
      ぼたん苑内の奉納俳句掲示板

 5dscn6851

        鑑賞者の私と同じ思いの句(1)

 6

     鑑賞者の私と同じ思いの句(2)
7
    鑑賞者の私と同じ思いの句(3)
 
9mg036
       禅寺の伝道掲示板言葉
 10dscn6822

       自宅へ帰ってからの写仏
仏像と目を合わせながら無心で「
写仏」今日一日の煩悩を救ってもらう。

追記

今日私が奉納俳句に投函した一句

●寒ぼたん 心に元気 ありがとう

 

« 高齢者親睦交流会(思いやりのある町づくり) | トップページ | 絆は幸せをつくる(家族の絆・心友との絆) »

コメント

 「百花春至って、誰が為にか開く」牡丹の花が無心に咲いている様を詠んだ句に、感じた心に共鳴します。
わが故郷の菩提寺に「念ずれば花開く」という句碑を想い出させてくれました。
自然は無心で美しい世界を創り出してくれますね。
剣豪の「無念無想」の心境を思い出させていただきました。「無心」になることがいかに難しいかを実感している昨今です。

投稿: 広瀬 亮 | 2018年3月 8日 (木) 06時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159065/66459210

この記事へのトラックバック一覧です: 花は誰のため咲く(無心で咲くから美しい):

« 高齢者親睦交流会(思いやりのある町づくり) | トップページ | 絆は幸せをつくる(家族の絆・心友との絆) »