« 春彼岸(先祖・両親に感謝と誓い) | トップページ | 「徳を求める」(人間はいかに生きるべきか) »

2018年4月 1日 (日)

潅仏会(花まつり)

私の菩提寺では4月1日 から4月8日までが花まつりで、今日は私と弟二人で菩提寺を訪れ、本堂前に設けられた、綺麗な花でかざられた花御堂内の潅仏桶に置かれお釈迦様の誕生仏に甘茶を灌いで誕生日をお祝しました。

私は毎年、花まつりには菩提寺を訪れていますが、今年は住職さん・奥様から仏教・先祖につて少し長くお話を伺うことが出来、また参拝に来られていた方とも「お寺参りと私たちの心」などの会話があり、例年の潅仏会とは何かが違いました。

お釈迦様がお生まれのとき左手で大地を指さして言われたという「天上天下唯我独尊」という言葉を思い出し、よく仏教書などの書かれている「この世に自分という存在は自分一人、悔いなく生きるべし」の意味の言葉に私は生かされている自分を感謝しながら自省自戒しました。

私と弟はその後、先祖・両親のお墓に行き、お釈迦様の誕生日のお祝に来たことを報告し、そしてまた菩提寺の潅仏会にあわせて客殿で開催されている書・画・焼物・手芸展を拝見し、出展されている住職さん・奥様の作品(書の言葉)また地域の皆さんが出展されている素晴らしい一つひとつの作品に何か心から心へ伝わってくるものを感じつつ客殿を後にしました。

そして私と弟は菩提寺恒例の手打ちそばを頂き、ボランティアの皆さんにも感謝しつつ帰宅しました。

(お釈迦様の誕生日は4月8日ですので、その時はまた弟と二人で菩提寺を訪れ、住職さんから生かされている自分に感謝するための心を磨くお話をお聞きしたいと思っています。)
『今日の一日』

菩提寺の潅仏会
 Photo
 本堂にお釈迦様の誕生日のお祝い祈願
 Img_2760

     本堂前の花御堂

潅仏桶に置かれお釈迦様の誕生仏に甘茶を灌いで誕生日をお祝しました。かざられたお花一つひとつに自分の姿を見つめ直しました。

 Img_2765
     境内の見事な桜
■客殿で開催されている書・画・焼物・手芸展等

●菩提寺

「住職さんの言葉」
    Img_2810

   真言宗の言葉 悟りの境地を求めていく
   Img_2814

自分の心と真に向き合い、雑念や邪念を持たず悟りを得る道を見つける

「奥様の書」
  _2806

         摩

 _2804
         懐

●地域の皆さんの作品
  _2808

      雨過十生香
 
2821
         群楽
 
Img_2796
       不動明王

   Photo_2

         合掌
   Img_2780
       水車小屋
 Photo_3
        道の草
  Img_2794_5

       立春の頃

  Img_2782

    無事なる風景 房総の
  Img_2820
         焼物

 Img_2816

       手芸作品
 Photo
      銅版作品(戌)
 Img_2826
     「愛語」ありがとう

« 春彼岸(先祖・両親に感謝と誓い) | トップページ | 「徳を求める」(人間はいかに生きるべきか) »

コメント

 熱心な仏事への参画、ご同慶に堪えません。
お元気で、兄弟お揃いで菩提寺詣りと、ご先祖様との心の会話に、自らの存在意義を求める姿勢に、共鳴します。何か心に強く残ったことと拝察しています。
 目立たぬところで、密かに活動されている方々が、多々おられることに、驚きを隠せません。
 書画をはじめ作品作りも盛んなのですね。真剣に作成されている姿が、偲ばれます。
 幼いころ、祖母に連れられてお参りし、お説教を聞いたことが、懐かしく思い出されます。4月8日に頂いた甘茶の味が、今でも思い出されます。
 昔はお寺で盛大にお釈迦様の誕生をお祝いしたものです。今でも継続されているのですね。

投稿: 広瀬 亮 | 2018年4月16日 (月) 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159065/66609102

この記事へのトラックバック一覧です: 潅仏会(花まつり):

« 春彼岸(先祖・両親に感謝と誓い) | トップページ | 「徳を求める」(人間はいかに生きるべきか) »